他に類を見ない4つの発酵菌、4回の発酵によって生まれたフローラミー

他に類を見ない4つの発酵菌、4回の発酵によって生まれたフローラミー

【4つの発酵菌、4回の発酵によって生まれた本気の酵素】

フローラミーは、製品が完成するまでに合計で4つの発酵菌、計4回の発酵の力によって生まれた、オンリーワンの酵素ペーストです。

発酵菌とは、食べ物を発酵させる菌のことで代表的なものでは、乳酸菌、酵母菌、酢酸菌、麹菌などが有名になります。

フローラミーは、製品化までにまさしく、乳酸菌、酵母菌、酢酸菌、麹菌が関わっています。これら4つの発酵菌が関わって作られた酵素製品は、他にはないでしょう。

一般的な酵素製品では、乳酸菌と酵母菌を使用したものが多いと思います。

フローラミーの長期熟成酵素は、乳酸菌と酵母菌によって1次発酵と2次発酵が起こり、更に野菜や果物、薬草に含まれている現地の酢酸菌によって自然の力で3次発酵がおこります。

更に、フローラミーの麹菌発酵大豆イソフラボンは、大豆イソフラボンを麹菌によって発酵させています。

長期熟成酵素の3回の発酵と麹菌発酵大豆イソフラボンの1回の発酵を合わせて合計で4回の発酵を経て、製品化されました。

 

【発酵とは】

そもそも発酵とは、発酵菌などの微生物が人間にとってメリットがあるように
食べ物を変化させることを言います。

味が美味しくなったり、新しい栄養が生まれたり、保存性が高くなったりとプラスの変化を起こります。

発酵食品の代表的なものは、味噌、醤油、納豆、お酢、みりん、チーズ、ヨーグルト、パンなどになります。これらは全て、乳酸菌、酵母菌、酢酸菌、麹菌などの何かしらの発酵菌によって発酵が起こり、生まれた食べ物になります。


【フローラミー】

フローラミーも合計で4回の発酵により、発酵菌の力によって、元の植物から新しい栄養が作られたり、栄養素がより小さく低分子化されたり、吸収されやすい構造になったりと発酵による様々なメリットを受けています。

どのうような栄養素も身体に吸収されて全身を回って初めて、その効果を発揮します。そのため、いかに吸収されやすいかが大切になります。

また発酵により、元の85種類の原材料が別の物に変化をし、新たな栄養を作り出し、より人の身体に役立つように変化をしています。

酵素製品が、発酵の力を主体に作られているのは、ここがその理由になります。

他に類を見ない4つの発酵菌によって生まれたフローラミー!
だからこそ、他に類を見ない特徴のある製品になっています。



最後までご覧いただきありがとうございます。

美と健康。今日から、腸から。
頑張っていきましょう。

 

2023年9月17日
フローラミー担当 滝口

---------------------------------------------
Instagramで腸活情報を発信中!
ぜひフォローして下さい。
@florame_kouso
----------------------------------------------

ブログに戻る

Flora me

  • Default Title
  • Default Title