環境汚染や大気汚染の無い、南米の大地で育った野菜・果物・穀物がベース

環境汚染や大気汚染の無い、南米の大地で育った野菜・果物・穀物がベース

フローラミーは、長期熟成酵素と麹菌発酵大豆イソフラボンという
発酵食を組み合わせてつくられています。

◆汚染が一切ない大地で育った原材料

ベースとなる「長期熟成酵素」の原材料は、
南米の環境汚染のない豊穣な大地で育った無農薬の植物を使用しています。

植物が育ったその土地は、360度見渡しても人工物が目に入らないという広大な大地。

その大きさは、東京の山手線の内側と同じぐらいの大きさになり、
その3分の2は手つかずのままで、3000頭もの牛が放し飼いにされています。

農薬はもちろんのこと、大気汚染も土壌汚染もなく、
豊かな河川が流れる豊穣な大地。日本ではおよそ見ることは出来ないでしょう。


◆自然の循環で育まれた土壌

そんな豊穣な大地で数百種類の野菜や果物、ハーブなどが実っては落ち、
実っては落ちを長い年月をかけて繰り返され、自然の力で土壌が培われました。



酵素エキスや酵素ドリンクを選ぶ際、無農薬や植物が〇〇種類配合という内容も大切ですが、原料の植物がどのような土壌で、どのように育まれた土地であるかが大切です。

なぜ原材料の土地が大切なのか?
それは、原材料が育つ過程でその土地ならではの自然環境の中から、栄養を吸収し、自らの栄養とするためです。

その土地ならではの自然環境が製品に独自の風味や特徴を作り出します。

フローラミーのベースとなる長期熟成酵素は、南米の大地でなければ作ることが出来ないものなのです。


2023年9月12日
フローラミー担当 滝口

------------------------------------------------------------------------------------
Instagramで腸活情報を発信中!
ぜひフォローして下さい。
@florame_kouso
------------------------------------------------------------------------------------

ブログに戻る

Flora me

  • Default Title
  • Default Title